ごあいさつ
初診の流れ
設備紹介
診察項目
ご予約
診療時間
アクセス
入れ歯
入れ歯

入れ歯で悩んでいませんか

入れ歯で悩んでいませんか

  • 何度入れ歯を作っても、痛みや強い違和感がある。
  • 口を開けたら入れ歯が落ちる・ずれる
  • 形や大きさが不満で上手く笑顔が作れない
  • 入れ歯の金属のバネが見える
入れ歯を使用している皆さんの中には、自分に合った入れ歯がなかなか出来ず、お困りの方も多いかと思います。 しかし現在の入れ歯治療は材料や種類も以前より増え、患者さんが選べる範囲が広がっています。
当院では患者さんにとってより良いものを提供するため、見た目も機能も良い入れ歯をご提案しています。 以下では、自由診療で作ることができる最新の入れ歯の特徴をご紹介します。

「薄い材料」で違和感を減らします

お口の中はとても敏感で、ほんのわずかな違和感が強い不快感に繋がります。 自由診療の入れ歯に使用する材料の場合、一般的な材料のものに比べはるかに薄い材料を使用します。 お口に隙間なくフィットさせるので、違和感を減らし、ずれたり隙間に食べ物が入り込まないように仕上げます。

「軽い材料」で負担を軽くします

健康保険適応の材料で作る入れ歯は重く、口の中で固定したり、噛む動作に強い負担がかかります。 最新の入れ歯に使用する材料には、一般的な材料の半分以下の重さのものを使用し、お口の負担を軽くします。

「熱さ・冷たさを感じられる材料」で作ります

入れ歯を入れて食事をすると、温かさや冷たさといった食べ物の温度が感じられません。 お湯の熱さを感じられなければ、口の中がやけどしてしまうように、温度を感じることは口の中の安全を守る大切な役割であり、 味覚にも大きな影響も与えます。このため、自由診療の 入れ歯では、熱伝導率の高い、温もりを感じられる材料を使用します。

金属のバネを使用しない「目立たない入れ歯」を作ります

入れ歯のバネ(クラスプ)が気になって笑顔に自身が持てない方も多いのではないでしょうか。 審美性に優れた入れ歯「ノンクラスプデンチャ-」はこのバネを使用しない入れ歯です。
入れ歯と気付かれにくいだけでなく、お口に隙間なくフィットさせる作りなので、ずれにくく、食べ物もしっかりと噛むことができます。