ごあいさつ
初診の流れ
設備紹介
診察項目
ご予約
診療時間
アクセス
インプラント
インプラント

失ってしまった歯を、自分の歯のように再現

インプラント治療とは、顎の骨の中にチタン製の小さなネジ状のインプラント体を埋め込み、 その上に人工歯を固定することで、失った歯を再現する治療法です。入れ歯やブリッジでは、 歯ぐきから上の部分は再現できても、歯根を再現することはできません。インプラント治療では、 歯根まで再現し、見た目も機能も自然の歯に近い状態を再現します。失った歯を補う手段として、 「ブリッジ」と「入れ歯」があります。「ブリッジ」は失った部 分の左右にある健康な歯を深く削って支台歯とし、 これらと人工の歯をつなげて欠損部を補う治療法です。全く健康な左右の歯を深く削るので、 それらの歯の寿命も短くなってしまう デメリットがあります。「入れ歯」は着脱する構造のため隙間が生じやすく、 お口の違和感や食事のしずらさなどにストレスを感じるが多くいらっしゃいます。
インプラント治療であれば顎の骨に人工的な歯根をしっかりと固定するので、 健康な他の歯を傷つけることなく、違和感なく、失った自分の歯を再現することができます。

歯科用CTを導入し、安全で正確な検査・治療を

一般のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんが、 歯科用CTを用いると3次元の立体画像が得られるので、平面画像ではわからい歯や顎の骨の立体構造や神経の位置などを詳細に把握することが出来、 より安全で正確な検査・治療が可能になります。顎の骨の中に人工的な歯根を埋めるインプラント治療では、 顎の骨の形態や厚み、神経の位置や、隣り合う歯との関係性などをしっかりと把握することが何よりも大切です。 歯科用CTによる3次元の立体的な情報は絶対に欠かせません。

「ストローマンガイドシステム」を導入

一般的なインプラント治療では、フリーハンドで顎の骨にインプラント体を埋入します。 しかし「ストローマンガイドシステム」を使用したインプラント治療では、術前にシミュレーションを行い、 計画通りにインプラントを埋入できるよう、サージカルガイド(手術用のテンプレート)を作成して、 そのガイドに従って治療を行います。コンピューターシミュレーション通りの位置・角度・深さで埋入することができ、 より安全で正確なインプラント治療を行うことが出来ます。
ストローマンガイドシステムによる治療の流れ
1 精密検査
CT撮影を行い、お口の中だけでなく、顎の骨や神経・血管の走行などを検査します。
2 診断・治療計画
シミュレーションソフトを使用して、検査した情報をもとに、使用するインプラントや埋入位置・角度などを決めます。
3 サージカルガイドを作成
マウスピースのような形の手術用テンプレートを作成します。理想的なインプラント埋入位置・角度に穴が開いています。
4 インプラント埋入
ガイドをお口に固定し埋入します。計画通りのドリリングを行うことができ、治療の精度が向上します。